断熱・遮熱塗料/工業用 高温断熱塗料 断熱塗料/マルチマウント/ラブロック/屋根・機械・設備に塗れる 熱さを防ぐ 温度が下がるペンキ!作業環境改善 簡単節電

 


株式会社シンキョー
《大阪本社》
 大阪府吹田市垂水町1丁目
 37番4号
 TEL.06-6337-1477
 FAX.06-6337-2468
《東京営業所》
 東京都中央区東日本橋2丁目 11番8号 第2曽根ビル7F
 TEL:03-5829-8723
 FAX:03-5829-8728
 
よくある質問

 

防振ゴム・防音製品について(ラブロック・マルチマウント)
 
ラブロック防振ゴムとはどんな商品?
マルチマウント防振ゴムはどんな商品?
ラブロックやマルチマウントはどんな機械に使用出来るの?
ラブロックやマルチマウントを選定する方法は?
施工は簡単?
耐候性、耐オゾン性は大丈夫?
・免震ゴムとは?
・耐震とは?
・免震ゴムと防振ゴムの違いは?

 

関連語句の説明
 
固有振動数とは
振動伝達率とは
絶縁レベルとは
吸振率とは
共振とは
VL・NC曲線とは
振動加速度レベルとは
・振動レベルとは
距離減衰(伝播損失)とは
固体伝播音とは

 


ラブロック防振ゴムとはどんな商品?
ラブロック防振ゴム(以下ラブロックと省略します)はベルギーからの輸入のゴムで4つの異なる直径の円柱の突起により防振します。
▲TOP

マルチマウント防振ゴムはどんな商品?
マルチマウント防振ゴム(以下マルチマウントと省略します)はシンキョー製の商品で、4つの扇形の突起が特徴で、ラブロックを長年販売し続けてきたノウハウを移行した商品です。
また、マルチマウントはラブロックと同等性能で、使用方法もラブロックと同じ様に仕様出来ます。
▲TOP

ラブロックやマルチマウントはどんな機械に使用出来るの?
現在、空調機全般(室外機、屋内機、冷却塔、吸収式冷温水機、チラーなど)が多く、近年多く使用されているのが、発電機、工作機械、産業機械、ユニットバス、音響設備、可動式パーテーション、エレベーターなどが多くなっております。
その他の使用方法はご相談ください。
▲TOP

ラブロックやマルチマウントを選定する方法は?

弊社まで一度ご相談ください。

 

▲TOP

施工は簡単?
弊社はお客様で加工して頂くのではなく、御打ち合わせさせていただいて、弊社で加工した商品を納入する方法をとっています。
▲TOP

耐候性、耐オゾン性は大丈夫?
はい、大丈夫です。 ラブロックは天然ゴムベースに耐候性、耐オゾンに耐えれるようになっております。
また、マルチマウントはクロロプレンゴムをベースに耐候性、耐オゾンに耐えれるようになっております。
▲TOP

免震ゴムとは?
免震とは、地震による振動が建物等に伝達するのを軽減する事を表します。
免震ゴムとは免震積層ゴムともいい、薄いゴムを何層にも重ね使用し鉛直報告には堅く、水平方向には柔らかい、
免震に必要な性能を発揮するゴムになります。
▲TOP

耐震とは?
地震の揺れに耐えられる構造等を補強したものをいいます。
▲TOP

免震ゴムと防振ゴムの違いは?
免震ゴムは上記で述べたように主に建物等に対して使用します。
防振ゴムは主に機器等の振動を他に伝えたくない場合に使用します。
ただ振動によっては防振ゴムに対応できる場合がございますので、一度ご相談をお願いいたします。
▲TOP




固有振動数とは 振動伝達率とは
物体が持っている振動数を固有振動数といいます。
振動させる物体は固有の振動数で振動します。


物体の振動が防振材を通じて油化に伝わる割合を表します。
▲TOP

絶縁レベルとは 吸振率とは

防振材の防振効果を表します。


絶縁レベルをパーセント表記したものです。
▲TOP

共振とは VL・NC曲線とは

外力の振動が物体などの固有振動数と一致し、非常に大きな振動現象が発生することを表します。共鳴ともいいます。

VLとは、鉛直方向感覚補正値を入れたもので、体感上での振動を表記したものです。
NCとは、周波数分析した騒音の値を評価したもので、周波数帯域ごとに騒音の許容値を与えたものです。
▲TOP

振動加速度レベルとは 振動レベルとは

計量法において、振動を表す量です。

人体で感じる振動の大きさを表します。振動加速度レベルに振動感覚補正値を加えられることによって求められます。
▲TOP

距離減衰(伝播損失)とは 固体伝播音とは

震動源から評価点までの距離をいい、機械の設置など震動源となるところから、花知れ設置することで振動の低減にもなります。

建物の躯対、壁、天井などの部位を伝わって壁体などから放射される音のことを表します。
▲TOP

 

 


     

高温・中低温断熱塗料/防振ゴム 節電など省エネを考える
株式会社シンキョー

大阪府吹田市垂水町1丁目37番4号
TEL.06-6337-1477 FAX.06-6337-1478

Copyright (C) 2012-2020 shinkyo.Co.,ltd. All Rights Reserved.